日本百名山 白山(御前峰)登頂記録

●白山(御前峰)登頂までの経緯

      「西日本自転車旅」で行けなかった日本百名山

       自家用車で車中泊をしながら行く(2022年9月22日発)。

 

       飛騨高山方面から白川郷方面に進行

 

9月22日:道の駅 白川郷にて車中泊

            天候は「曇り」

 

9月23日:道の駅 越前おおの 荒島の郷にて

            車中泊

            天候は「大雨」

          

9月24日:白山温泉 市ノ瀬ビジターセンター

            駐車場にて車中泊

            天候は「曇りのち晴れ」

 

9月25日:市ノ瀬ビジターセンターから徒歩

            で出発(午前5時30分)

           →チブリ尾根を経る「別山市ノ瀬道」を登山ルート

           →「チブリ尾根避難小屋」到着(9時)

   白山一帯内はとても綺麗で清潔な山小屋、さらに無料で宿泊もできる。

   白山登山では、このような避難小屋、そして南竜山荘や

   室堂など数多く存在し、非常に縦走にも適した山容である

   と思う。

 

          →「御舎利山 山頂」到着(10時47分)

北アルプス一帯がここまで横一杯に広がって見える壮大さ、

さらに雲海も某ジブリ的でとても魅力的な景色である。

 

           →「石徹白道(南縦走路)」を縦走

いくつもの山峰を登ったり下りたりを繰り返し、

これこそが縦走であるという道であった。

 

            →「油坂ノ頭」を経て、南竜山荘に到着(13時40分)

               空腹のため、中でカップヌードルを購入(お湯もついている)し、

               腹ごしらえをする。

 

           →南竜道を西に行き、さらに砂防新道を500mあたり

             下ると、宿泊する「甚之助避難小屋」到着(14時35分)

 気がつくところは、2階の冬用小屋に続くはしごだろう。地面からはしごの

   一番下までは約2m10cmほどだろうか?積雪が2m以上積もる豪雪量を計算

   して高い位置に冬用スペースを用意をしているのだ。

 

実は、この避難小屋に泊まるのは一人ではなかった。別山市ノ瀬道をお互いに追い

   ついたり追い超したりしていた福井県大野市の市役所職員の男性と宿泊した。

   私は別山方面縦走をした疲労で、この日は登頂をせず避難小屋で一晩明かした。その男性は別山方面縦走のあと、さらに御前峰を登頂し、そのあと避難小屋に宿泊した。

   よって、私は明日に御前峰頂上を目指し、男性はそのまま下山をすることになった。

  

市役所職員の仕事のリアル、そして地域おこし協力隊の勤務の実情などを夜に話し

   合うことができ、貴重な出会いとなった。

 

9月26日:甚之助避難小屋を出発(6時) 天候は昨日に引き続き晴天。

            →砂防新道をまだ麓のバス登山者も到着していないため、ほぼ誰もいない

              岩の登り道を進む。

 

            →延命水に到着(6時55分)。完全に枯れているため、ここで水を補給

              できないので、これから登る人は注意を要する。

 

→「白山室堂ビジターセンター」の到着(7時30分)。

 

ビジターセンターの標高は2450m 、御前峰の標高は2702mなので、250mほど上がれば山頂だ。

 

 

  • 御前峰(山頂)の感想

             250mを一歩一歩づつ足を動かし、御前峰山頂に到着(8時10分)

 

           長らく、憧れの白山登頂達成にわずかな感動をする。「ようやく白山に来れて、

           そして縦走という初めての体験をしながら、着いたんだ!」という思いだ。

           最高の天候で登れたことに改めて登山の素晴らしさや楽しさを思い出した。

 

これから縦走する北アルプスの峰々、さらに御嶽山、恵那山、甲斐駒ヶ岳仙丈ケ岳北岳間ノ岳などの南アルプスの北峰が見渡せる。

 

真ん中の槍の穂先が確認できるはずだ。

 

右側の円錐三角形が剣岳だ。

 

ぜひともこの円岩案内図で各峰々を確認してほしい。

 

主に北アルプスの峰々に惹かれながら、45分ほどして山頂を下山(9時ごろ)

 

             砂防新道をひたすら下り、別当出合バス亭に到着(11時30分)。

 

 バスは12時発で20分ほどで、市ノ瀬ビジターセンター駐車場に到着。

 

  • これからの予定

            これからは、北アルプスの南の日本百名山の峰々を登頂する予定だ。

            中の湯温泉登山口→焼岳→笠ヶ岳槍ヶ岳奥穂高岳常念岳→中の湯温泉

            登山口

 

            特に槍ヶ岳奥穂高岳は3000m峰なので高山病の恐れに注意したい。