西日本自転車旅 (屋久島からその後 鹿児島県霧島市、兵庫県丹波篠山市、京都府宮津市)

(この記事を書いているのは、2022年8月20日(京都府福知山市))

(さらに、2022年8月21日(京都府宮津市天橋立近く))

 

「現在世界の国の数は196か国ある。日本はその196か国の国のたった一つの国に過ぎない。日本以外の195か国の人々は、どのような幸せの価値観、お金の価値観を持ち、どのように主体的に自身の人生を考えて生きているのだろう?現地に行き、それを少しでも知りたい。」

 

●さて、屋久島からその後を簡潔に書いておく。

 ・フェリーで鹿児島市に戻る。駐輪場にとめておいた自転車、なんとかけていた鍵だけなくなる(盗まれた?)。バッグなどが盗まれるなら分かるが。

 ・鹿児島市から10号線を通り霧島市に戻る。「アパホテル鹿児島国分」に宿泊。

 ・220号線から478号線「比曽木野福山港線」を登り、牧之原を経て都城市へ。

 ・日南市に行く予定を変更し、269号線を通り宮崎市へ。

 ・宮崎フェリーに乗り、神戸市へ。

 ・神戸市から兵庫県三田市へ。「三田市野外活動センター」でテント泊。

 三田市から丹波篠山市を通り、176号線175号線を北上し福知山市へ。

 ・福知山市から9号線を北上し宮津市へ。天橋立近く。

 

●2022年8月16日(鹿児島県霧島市福山町福山「中茶屋公園」)

 霧島市から10号線、222号線、そして牧之原方面に478号線比曽木野福山港線」沿いに「中茶屋公園」の標識がある。

左を向くと公園内部である。真ん中に桜島の展望。

左側は鹿児島湾と大隅半島の展望。

右側は薩摩半島の展望。これらがきれいに一望できる公園だ。車で来た人もぜひ一度駐車して見ていただきたい。

真ん中の休憩机に猫も2匹いて、ニャアニャア喧しく鳴いていた。

 

●2022年8月20日(兵庫県丹波篠山市追入「Coffee &doggarden ちわわん」)

前日は、兵庫県三田市の「三田市野外活動センター」でテント泊をし、朝食を食べないで丹波篠山市を通過する。google mapで「National Rte 176」の新鐘ガ坂トンネルの手前の信号を左に折れ、138号線を176号線に沿って進むとある。ドッグカフェというところに入るのは初めてだ。右側に、ドッグランできる芝生があり、ドッグはそこで運動させるようだ。

 

●中はドッグのグッズや犬の里親募集などがあった。

注文したのは「シフォンケーキ」のみである。当然、小さな犬(犬種はチワワ?)に吠えられたが別に恐れはしなかったが、犬よりは猫が好きなのはばれてしまうようだ。店員は女の人で、はじめは話ができなかったが、徐々にこれまでの旅(九州旅など)のことを話すことができた。以前この店に大学生の旅人が訪ねてきたこと、そして周りに街灯がないので、外出して夜戻ると自分ですら店の場所を通りすぎてしまうほど暗くなるそうだ。

 

●最後に、店の前で記念撮影をしてもらった。

 

●2022年8月21日(京都府宮津市小田(普甲峠からの宮津湾の眺め))

京都府福知山市175号線から新大江付近で9号線「宮津街道」を北上する。途中、「日本の鬼の交流博物館」にも寄る。博物館をあとにしたあと、さらに自転車を押していくと普甲峠に着き、そのまま下り坂になる。そのすぐ拓けた道で見た宮津市街の眺めである。

神戸市から3日目で日本海側に来たという達成感が沸いてくる。手前が宮津港、奥が宮津湾である。天橋立は左の海のほうだがぎりぎり見えない。さらに天橋立を挟んだ左の海「阿蘇海」も残念ながら見えない。まあ、明日実際に近くに見るのでそのときの楽しみとしようと思う。

 

●明日(2022年8月22日)は、天橋立を堪能する日とする予定である。そう・・・どうしても天橋立を見たかったのである。長野県からは車でもここまで来るのはおそらく最低2~3日はかかるであろう。今回の旅で見ておかないと、絶対後悔すると思い、あえて神戸市から山越をしながら北上したわけだ。

 

●最後に、京都府福知山市上天津175号線沿いにある「amadu kitchen」にあるパン屋さんでパンを買ったときの袋。手作りの新聞紙で作った袋に「ありがとう」という買ってくれた人に対する「感謝」の言葉。この言葉を一日に1回でも言葉にあるいは心の中でもいいので発するようにしようと思う。

 

樺沢紫苑先生のアドバイス、提案

 「3行ポジティブ日記」「3行面白日記」

 「3行感謝日記」

 「3行親切日記」

旅が終わったら、始めてみようと思う。