西日本自転車旅(佐賀県西松浦郡有田町原明甲、大分県由布市由布町由布岳(日本二百名山))

この記事を書いているのは2022年7月18日(大分県由布市由布町)

 

(2022年7月13日)

自然派TIAREスムージーショップAban(アバン)(佐賀県西松浦郡有田町原明甲)

前日は、長崎県柚木町53号線(柚木三川内線)の相浦川沿いで野宿をした。川の流れるコンクリートの上でのテント泊から出発。大分、テントの中でももはや熟睡することができるくらいまでテント生活も慣れてきたと実感している。その後、202号線佐世保三河内IC付近で合流し、「なんとなく朝食が食べたい」と感じながら店の前で休憩をしていた。

 

●店の前で休憩をしていたら、店員の「松本明美さん」に声をかけられ、「朝食を食べていくように勧められたのでご厚意に甘えることにした。

 

●声をかけられて店の中に招かれて正直「おっ・・・もしや」と心の中で思った。「このような出会いそして絆などが大事で、この旅を続けている意義がある」と直感したのである。

 

●それは松本明美さんの考え方や見方が、明らかに一般の人(日本人のほとんどの人は私にはB層に見える)とは違っていたからだ。そう・・・マイノリティ側なのだ。マスコミの報道をそのまま鵜呑みにせず、本を読み、インターネットを見て自分自身で調べて自分自身で判断をする。「参政党」のポスターが店の中に貼ってあったのも興味深かった。余談だが、今回の参院選の比例選で参政党の党首「神谷宗幣氏」が初当選をしたのは、日本にとってまずは小さな一歩であったと私は思っている。

 

●朝食は、まずは野菜のスムージーをいただいた。冷えているし、栄養不足(笑)の旅の身体に栄養素が染み渡る。その後チャーハン、エノキタケのみそ汁、そしてトマトやアルパラ、キャベツなどのサラダをご馳走になった。本当にありがとうございます。この旅が終わったら、長野県の名産を送らせていただきます。

 

●店の外の大きな亀を見ることも勧められたので撮影。名前は・・・何でしたっけ?固有名詞がなかなか覚えられなくて申し訳ない。どうももう一匹いるようだけど?

 

●最後は、松本明美さんと店の撮影。本当に朝食そして楽しいお話ができてありがとうございました。

 

(2022年7月18日)

日本二百名山由布岳大分県由布市由布院

 

●「由布岳」は日本百名山を選定した作家で登山家の深田久弥がこの山を選定しなかったことを後悔した山である。それくらい存在感のある山であると思う。

 

佐賀県有田町からひたすら東に行き、佐賀市に宿泊。その後福岡県久留米市うきは市大分県日田市、玖珠町、そして玖珠町の679号線川上玖珠線で野宿をする。679号線の「陸上自衛隊日出生台演習場の朝からの(8時から鳴り始めた)凄まじい砲音(この砲音は聞くと本当に大きな音でびびる)を聞きながら、7月17日にようやく由布市由布院に到着。

 

由布岳は以前、自家用車で久住山を登山するときに途中で寄って見た山だ。日本百名山ではないので、その時は登山をしなかったが、とても綺麗な緑で覆われた円錐状の山だったのを覚えている。ただ、その綺麗な緑で覆われた円錐状の山は「飯盛ヶ城」で、由布岳は1500m台の東峰、西峰と左右双子のような2峰であることを知った。一番左の小山が「飯盛ヶ城」で右の二山が「由布岳」である。左が西峰、右が東峰である。

●湯布院駅前からバスで由布岳正面登山口に移動し、午前9時30分に登山開始。飯盛ヶ城もそうだが、存在感のある双子2峰が出迎えてくれた。登山道はまずは森の中を緩やかな道をゆっくり標高を上げていき、森林限界を超えたあたりで、由布院町や正面登山口、そして飯盛ヶ城のはるか上が見える。たまに、遠くで雷雲の音も聞こえる。

 

東峰、西峰と分かれた登山道があるが、まずは東峰の頂上を目指す。11時40分、由布岳東峰に登頂。日本二百名山の1座目であることも感慨深い。頂上付近はかなりガスっているが、すぐに雲が晴れてまたガスっての繰り返し。東側は別府湾が見える。

 

南側は湯布院町そして遠くにこれから登る日本百名山の「祖母山」も見えるはずだが確認は難しい。

 

東峰の頂上を降り、西峰との分かれ道に戻り、今度は西峰を登る。しかし、西峰は鎖を使って岩を登っていくのでかなり危険である。途中、垂直の岩を鎖を使って上がっていくところもあり、これは危険だと思い、今回は西峰は断念。西峰を登る人はヘルメットそして軽荷で行くなど十分気をつけていただきたい。

 

●引き返し、再び東峰、西峰の分かれ道に戻り、登ってきた登山道を下る。途中で、Youtube動画らしきカメラを構えた人に遭遇する。Youtubeカメラは興味があるので声をかけてみた。Youtubeや他のSNSfacebook)などの話題になり、撮影もしていただいた。福岡県久留米市在住で「克兄の山日記」というYoutubeチャンネルを上げておられる(お知らせカードも戴いた)ようなので、見ていただきたい。

 

●明日は、別府市に行き、その後久住山に登る予定である。8月15日~17日には宮崎県のフェリーで神戸方面に帰る予定なので、今後はかなり急いで巡る予定になりそうだ。

 

●様々な人との出会い、改めてこの旅を続けて良かったと思っている。