北海道自転車放浪旅2

●2021年7月13日(火)

 長野県大町市の「木崎湖キャンプ場」の前日、テントを張り野宿しました。

 以前にも、琵琶湖一周旅でも同じテントで野宿をしているので、テント泊はもう慣れたものです。ただ、これから北海道で野宿するにあたり、予期せぬテント泊の困難さももろに経験するのです。それはまた、その時に。

f:id:morizin-nfl:20220128084649j:plain

f:id:morizin-nfl:20220128084715j:plain

山羊がいました。他に、猫も1匹このキャンプ場にはいました。

 

●さて、国道148号線を北上し、果たして1日でどこまで行くのかも決めず、時間に束縛されることないの自転車旅です。ある意味究極の自由です。

白馬村に入り、北アルプスです。日本百名山五竜岳、白馬岳、そして日本三百名山唐松岳などが見える橋の上です。雲であいにく見えませんね。残念です。

f:id:morizin-nfl:20220128085637j:plain

●「塩の道 千国街道」を通りましたが、道を間違えて、322号線に入ってしまい、「ペンションクヌルプ」に行く坂道を登ってしまいました。「ペンションクヌルプ」、何か聞いたことがあると思ったら、昔のファミコンゲーム「かまいたちの夜」のモデルになったペンションですね。知っている方はいますでしょうか?

 

●再び、国道148号線に戻り、小谷村、そして「道の駅小谷」内の「やまや」(立ち食い蕎麦屋)で、てんぷらそばを食べました。以前にも車で何度かこの道の駅は来ているのですが、小谷村産コシヒカリのかまど飯が食べられる食事処「鬼の厨」がおすすめです。また、食事をすると併設温泉が半額になります。

 

●さらに北上し、新潟県糸魚川市に入ると、「フォッサマグナパーク(日本最大級の断層「糸魚川~静岡構造線」を観察できる)があるので寄ってみました。フォッサマグナとはラテン語で「大きな溝」という意味です。

f:id:morizin-nfl:20220128091535j:plain

西側が「ユーラシアプレート」、東側が「北アメリカプレート」という2つのプレートの境界線を見ることができます。

 

●またここから、日本百名山雨飾山」が見えます。ここも登頂した百名山です。

f:id:morizin-nfl:20220128092127j:plain

 

●この日は、新潟県糸魚川市の「美山キャンプ場」にテント泊でした。

f:id:morizin-nfl:20220128092528j:plain

林の中なので、蚊などの虫がものすごい数でしたね。かなり刺されました。のちに、北海道でさらに虫の洗礼を受けることになります。今回の旅はテント泊にしてもかなり初めての状況に遭遇する機会が多いです。いかに前の琵琶湖一周旅のテント泊が恵まれていたということを思い知らされました。